1日派遣と在職派遣 保証はどう違うのか | 派遣ライブラリー
派遣ライブラリー
2014年10月30日

1日派遣と在職派遣 保証はどう違うのか

1日派遣と在職派遣、いったいどちらの方が保証が充実しているのでしょうか。両者の違いについてご紹介したいと思います。
編集部

1日派遣と在職派遣は保証内容などが違うと言われています。しかし、そもそも両者はどのようなものか知らないという人も多いと思います。ここでは、両方の特性についてご紹介します。

1日派遣とは

1日派遣とは、字義通り一つの職場に1日だけ在籍する派遣社員のこと。短期の仕事になるため、正社員や学生が派遣社員として働いたとしても、本業に支障が出ないというメリットがあります。また、いろいろな職場を体験できるという意味では、こちらもメリットかもしれません。ただし、職場の雰囲気を1日ですべて理解することは不可能。また、仕事の内容をすべて覚えられるわけではないので、収入を増やしたい、なんとなくいろいろなことを体験してみたいという人におすすめです。

在職派遣とは

在職派遣とは、すでに派遣されて働いている社員のことを指します。ある程度の期間働いていることから、派遣会社としても信頼度があるため、同じ職場を経験させられることになるでしょう。ひとつの仕事に携わっているため、技術的にもスキルアップできるかもしれません。ただし、派遣社員としての仕事がレギュラーワークになってしまうと、学生や社会人のダブルワークでは実現できないことも事実。この点を考慮した上で働き方について決めると良さそうです。

どんな業界でも同じかもしれませんが、1日派遣よりは在職派遣として、ある程度長期間働いている方が安心です。ここでは、どんな保証が期待できるのかをご説明します。

在職派遣はある程度の保証がある

在職派遣という働き方は、特定の派遣元会社と契約していることから、その会社からの雇用保険やその他の制度を支給されることが珍しくありません。特に、派遣会社の多くは福利厚生制度が充実しているケースも珍しくなく、レジャー施設の利用や健康診断を受けることが認められています。これに対して、1日派遣はこういった保証が認められていないことが珍しくありません。両者を比較すると、その安心度の違いが分かるのではないかと思います。

給与が得られる可能性は高い

在職派遣は、ある程度の契約期間が定められています。特段大きなミスをしない限り、継続して働ける可能性は高いと思います。しかし、1日派遣の場合はあらかじめその日しか働かないことが決められているため、リスクが大きいと考えられます。つまり、長期的なライフプランを計画したいなら、在職派遣の方が良さそうです。

Return Top