派遣と正社員では受かる確率は違うの?フリーターからの脱出 | 派遣ライブラリー
派遣ライブラリー
2013年10月20日

派遣と正社員では受かる確率は違うの?フリーターからの脱出

正社員になるのが困難であるため、派遣にしたいというような人も多くいるのではないでしょうか?受かる確率はどのくらいなのでしょうか?
編集部

受かる確率は、派遣と正社員では違っているのでしょうか?正社員になるのが困難であるため、派遣にしたいというような人も多くいるのではないでしょうか?では、派遣というのは、正社員のように、面接があったり、筆記試験があったりするのでしょうか?また、受かる確率はどのくらいなのでしょうか?

まず、派遣の場合の流れのおおまかなものなどについてご紹介しましょう。

筆記試験

ほとんどの派遣会社で筆記試験については行っています。もしIT関係などの専門職を希望する場合には、IT関係の基礎知識についての筆記試験などが特に行われる場合もあります。事務職や営業職などの場合には、筆記試験は一般常識くらいのものが行われるでしょう。

面接

面接については、マナーが社会人としてあるかを見極めることと、本人の希望や雰囲気、人柄を判断するために行うようです。つまり、派遣先の会社と合う人材であるかを見極めるためです。

派遣会社に登録するのみであれば、受かる確率はほとんど100%になる

会社に登録するのみであれば、受かる確率はほとんど100%になります。一人でも多くの派遣者が派遣会社としては欲しいため、登録はよほどのことがなければ受け付けます。しかしながら、募集や求人広告の仕事の中で、特定の仕事がしたいと考えて派遣の登録をする場合は、経験などの条件があるため受からないことがあります。募集が10人に対して、経験のある人が10人おり、経験の無い人が1人の場合は、やはり経験の無い1人が受からないようになります。

自分と派遣先の会社の間に入ってくれる

派遣が決定すると、自分と派遣先の会社の間に入ってくれる人が決定するため、その人に困った場合などは相談すると解決してくれる場合もあります。例えば、残業が無いと派遣を契約する際には言われたにも関わらず、サービス残業が実際には非常に多くあるとか、仕事は契約と違ったものをさせられたとか、というような相談です。対人関係についても、担当してくれる人によっても違ってきますが、相談にある程度のことであれば乗ってくれます。

テレアポの仕事

テレアポと言うような、営業を電話で行うような仕事の場合であれば、一度に非常に多くの人数を募集する場合が多くあります。そのため、このような仕事であれば、同期の人が多くいるので仕事も楽しいかも知れませんね。

Return Top