正社員より派遣?満足度が高い働き方はどっち | 派遣ライブラリー
派遣ライブラリー

正社員より派遣?満足度が高い働き方はどっち

正社員と派遣社員はどちらが満足度が高いかということですが、双方のメリットやデメリットを考えてみると、どちらが良いとは決して一概には言えません。
編集部

仕事の雇用形態には、正社員と派遣といった選択肢があります。アルバイトやパートはさておき、この2つにおいて満足度が高い働き方はどちらになるのでしょうか。
もちろん働いていることには変わりはないのですが、派遣のスタイルを踏まえた上でどちらの満足度が高いかについて考察してみることにします。

正社員はその名の通り正規雇用された社員のことを言います。会社からは身分を保証され、原則として大きなミスや業務遂行可能な能力を備えていれば、よほどのことが無い限りは解雇されることはありません。
同じ会社で定年まで働き続けることが基本です。部署の異動についても会社からの辞令に従う形になります。

派遣は派遣会社からの出向という形で働く社員のことです。ですから、雇用先の会社で働いているわけですが、社員という名前は付いていますがいつでも解雇される可能性があります。社員という名前が付いたアルバイトと考えると分かりやすいかもしれません。
ただ、保険や給与はそれなりに良いですし、ある意味では勤務先を選べますしスキルアップには持ってこいという点もあります。また、派遣社員でも働き具合によっては正規雇用してもらえる可能性も十分にあるのです。

働き方の比較

正社員と派遣の働き方についてですが、どちらがいいとは単純には言えません。そもそも派遣は世間一般的に冷遇されるところがあるのですが、前述の通り身軽に仕事を変えることができるため、スキルアップを望んでいる人にとっては良い雇用形態なのです
対して正社員は社会的な身分もしっかりしていますし、給料でもボーナスも受け取ることができますから金銭的にも有利になります。ただ、同じ職場に勤め続ける必要があるのです

結果的に派遣と正社員についてどちらが良いかについてはその人次第ということになります。満足度が高いという点については、働いている本人が決めることであって、周りが決めることではないのです。雇用形態によって、働いている人を見下すような人もいるわけですが、そういうのはナンセンスと言えます。
そういう意味では派遣でも正社員でも自分が満足して働ける、自分にとって生きがいと思えるような職場で働くことができることが一番大切なことではないでしょうか。これから派遣なり正社員なりで働く方は、自分なりに満足の行くスタイルを見つけて働いてみて欲しいものです。

Return Top