派遣のお給料は上がらない?給料をUPさせるための方法 | 派遣ライブラリー
派遣ライブラリー
2016年8月7日

派遣のお給料は上がらない?給料をUPさせるための方法

派遣の給料を上げてもらうためには上手く交渉することが大切です。資格を取得したり、業務の内容が変わった点を強調することで交渉を成功させましょう。
編集部

派遣社員として働いている人の中には現在の給料に満足できない人が多いでしょう。多くの方は派遣社員の給料を上げることは困難であると考えています。
しかし、上手くすれば給料をUPさせる方法は実は存在しているのです。どのような方法があるのか紹介しましょう。

更新の時に相談する

派遣社員は基本的にある期間働き続けて、その期間が終了したらこの先更新するかどうかを決めます。この時が給料をアップしてもらうための交渉のタイミングとしてはベストです。特にあなたが派遣先から気に入ってもらえて、能力を高く評価してもらっているならば、給与UPのための交渉は上手くいく可能性が高いです。
派遣先としては、優秀な派遣社員は給料を多少アップさせたとしても雇い続けたいと思うでしょう。更新の時には必ず給与に関する交渉をするようにしましょう。

交渉のためのカードを用意しておく

派遣社員が給与に関する交渉をする際には、ただこちらから要望を伝えるだけでは不十分です。もっと別の効果的なカードを用意することが大切です。
たとえば、仕事量が増えたとか、業務に関する資格を取得した、もっと幅広い業務に対応できるようになったなどです。給料を上げるだけの価値が自分にあることをアピールすることが大切です。これによって、上手くいけば、時給を上げてもらうこともできるでしょう。

責任のある業務を任せられたと伝える

派遣として長く仕事を続けていると、より責任のある仕事を任せられることがあります。そんな時は給与を上げるチャンスだと考えてください。今までと変わらない給料で責任が重くなるのはこちらにとって不利な状況であることを伝えるのです。
仕事内容が変化して、自分に対する責任が重くなった時は、更新の際にその点を伝えましょう。そして、もっと多くの給与をもらいたいと伝えれば時給を上げてもらえる可能性は高いです。

業務が事前に聞いていた内容と違っていた場合

派遣社員として契約する時にはどのような業務を担当するのかあらかじめ伝えられます。しかし、いざ派遣先で仕事をするようになると、事前に聞いていなかった仕事を任せられることもあります。
このような場合には、給与をアップしてもらうチャンスであると考えましょう。話と違っていた点を強調することによって、給与を上げることで対応してもらえる可能性があります。給与の交渉のための材料として利用することが大切です。

Return Top