契約期間内に自己理由で辞めたらペナルティを取られますか? | 派遣ライブラリー
派遣ライブラリー

契約期間内に自己理由で辞めたらペナルティを取られますか?

契約期間内に自己理由で辞めてしまった場合は、何かしらのペナルティがあります。給与や評価の面から考えると良いです。
編集部

派遣社員というのは自己理由で勝手に辞める方も多いです。実際にやめる方は、辞めることを最低でも1ヶ月前には申告しておく必要があります。基本的には早めに申告して、辞めることが出来ればペナルティなどはありません。ただ、企業によっては給与を支払わなかったり、派遣の評価に響くことがあるので注意が必要です。

仕事を辞める理由

そもそも派遣の仕事を辞める理由にはどのようなものがあるのでしょうか。多くの方は派遣は「その場しのぎで行っている」ということが多いですが、近年は本職として行っている方も多いです。そのモチベーションを支えているのは仕事の遣り甲斐であったり、給与であったりします。それが崩れていくと、基本的には仕事を辞めることが多くなります。まずは、契約期間中にやめないことが一番重要となります。

契約期間中の場合

基本的に仕事を辞めるのはいつでも構いません。例えば体調不良で働けなくなることもありますし、仕事にやる気が出ないまま契約期間中ずっと働くのは時間的にも無駄なことが多いです。だからこそ、しっかりと決断して、早めに辞めることがおすすめです。実際にペナルティを受ける可能性はありますが、人生が壊れてしまうほどのものではないので、安心して辞めることを伝えましょう。

では、実際にどのようなペナルティがあるのでしょうか。基本的にペナルティとはいっても、その企業ごとに違ったり、派遣会社によって違ったりします。今回のケースは「契約期間内に自己理由で辞めたら」ということなので、その分ペナルティがある可能性もあるということを知りましょう。では、どのようなペナルティの可能性があるのか説明します。

派遣の評価に響く

実際にペナルティというほどでもありませんが、派遣会社に登録して派遣先に通っている方は、その職場以外にも、派遣会社からの評価が悪くなる可能性があります。派遣会社としては、安定して働いてくれる人材が欲しいですから、その分仕事を回してもらえなくなる可能性があります。派遣というのは一種の評価性のような面があるので注意しましょう。

給与が支払われない

契約期間中に逃げるような形で辞める方もいます。そういった方には実際に給与が支払われないという事があります。働いた分は日割りでしっかりと計算されるのが普通ですが、自己理由で辞める場合は何かと失うものも大きいです。基本的には、辞める前にしっかりと相談して、円滑に辞められるようにしましょう。

Return Top