短期・長期・紹介予定、様々な派遣パターンを紹介 | 派遣ライブラリー
派遣ライブラリー
2014年3月27日

短期・長期・紹介予定、様々な派遣パターンを紹介

派遣のパターンは長期や短期、紹介予定などがありますが、どのパターンを選んでもしっかり働くことができます。
編集部

派遣のパターンには、短期や長期、それに紹介予定といったものがあります。原則として仕事をすることには変わりはありませんが、これらについての紹介をします。

短期の派遣はその名の通り、短期間での派遣のことを言います。大体1か月から6ヵ月くらいの期間派遣になります。短期間の派遣でも質の良いものもありますし、場合によっては期間延長も考えられます。

長期派遣は1年以上の期間派遣社員として働くことができます。大体の派遣会社ではこうした形態での採用をしているところが多いです。仕事のバリエーションも豊富ですから。やりたいことがあって、長く働きたい方にはとてもオススメです。

紹介予定派遣は、求人数こそ少ないですが、メリットの大きな派遣と言えます。半年ほど派遣社員として勤務をした後、本人と企業の合意により派遣先に就職出来ます
もちろんその後は正社員として認められるため、しっかりとした保証を付けてもらえます。ただ、それなりのスキルは必要になりますし、採用自体の壁も厚いとされています。

派遣のこれらのパターンに関して、どれが良いかということですが、これは完全に人により違います。例えば、本当に短い期間しか働く予定がないと言う方は短期の派遣、1年以上きちんと働きたい方は長期、最終的に社員になりたいのであれば紹介予定を狙うのがいいかと思われます。

どの派遣パターンを選んでも、派遣社員として働けることは間違いありませんし、会社によっては十分なサポートを受けることもできます。そもそも派遣自体がばかにされがちなのですが、仕事の内容は別としてきちんと働いていることには間違いありません。
派遣は自分のライフスタイルに合わせて働く場所を気軽に変えることができますし、本当にやりたいことに関するステップアップのために働くことも可能となっています。こうしたことを考えてみると、どのパターンでも問題なく仕事ができるのではないかと思います。
ただ、最終的に社員を目指していると言う方は、そもそも求人数自体が多くはありませんし、応募者も多いため間口は狭いですが紹介予定派遣を探すといいでしょう。これに関しては派遣会社に直接問い合わせるもしくは、インターネットの求人サイトで地道に探してみるといいでしょう。大切なことは、毎日きちんとチェックすることです

Return Top