紹介予定派遣とは?正社員雇用や転職に失敗しないお試し期間 | 派遣ライブラリー
派遣ライブラリー

紹介予定派遣とは?正社員雇用や転職に失敗しないお試し期間

紹介予定派遣とは、企業に直接雇用されることを前提に派遣として働くことです。転職を考えている方も失敗を減らすことができて良いです。
編集部

日本では紹介予定派遣というものが近年増加しています。これは普通の派遣とは違い、派遣先に直接雇用されることを前提に就業するスタイルのことを言います。一定期間派遣スタッフとして働いてみて、問題が無ければその会社の正社員として働くことができるスタイルであり、近年の雇用の安定などのためにも使われています。

正社員雇用の重要性

派遣社員で一生働くということは正直なところ難しいです。もちろん正社員の仕事に就くことができなくて、派遣で働いている方も多いですが、原則としては正社員で働く方が良いです。なぜなら派遣社員として働いていると35歳を過ぎたあたりから仕事が減ってくるからです。その前に紹介予定派遣などを見つけて、企業に直接雇用されるように努力してみるのは如何でしょうか。

お試しのためにも

なぜ、紹介予定派遣がそこまで良いのかというと、「ためし」で働くことができるからです。いわば正社員になる前の準備段階として、その仕事に向いているのかを把握することができます。それが結果的に自分のキャリアに繋がるので、興味がある紹介予定派遣に実際に就業してみて、その後を決めていくのが良いです。その期間で、仕事に対する適正などを良く考えてみましょう。

紹介予定派遣を利用すると転職に失敗することは少なくなります。なぜなら、一定期間働くことができるので、仕事の内面をしっかり見てから決めることが出来るからです。基本的にアルバイトであれば、直接雇用の機会は少ないですし、いきなり正社員になっても、仕事が合わなくて辞めてしまう方も多いです。そうならないのが紹介予定派遣のメリットなのです。

仕事を覚えるよりもやってみること

紹介予定派遣で働くときは、もちろん仕事を覚えることは重要ですが、適正を試すためにも、まずはなんでもやってみることをお勧めします。どのような仕事でも覚えるのは、数か月から数年働けば自然とできるようになります。それよりも、実際に仕事をやってみて、どのような感想を持つかが重要です。長く働けるかどうかをしっかり判断しておくと、後々失敗することは少ないです。

将来のために

近年は将来のことを考える余裕が無い方も多くなっています。それは残念なことでもあるのですが、実際に紹介予定派遣のように、労働者のことを考えたシステムもしっかりと構築されています。これらをしっかりと利用して、自分のキャリア形成に繋げていきましょう。

Return Top