今だから言える、面接での失敗談と成功例 | 派遣ライブラリー
派遣ライブラリー

今だから言える、面接での失敗談と成功例

派遣の面接には失敗談もあれば、成功例もあります。基本的には愛想が良くて、基本的なことを守り、上手く自分の能力をアピールすることができれば成功します。
編集部

派遣の仕事を始めるためには面接を受けなければいけません。そこで良い印象を持たれれば成功することができます。しかし、色々な理由によって失敗してしまったという方もいます。
具体的に派遣の面接について失敗談と成功例を紹介しましょう。

面接での失敗にはさまざまな理由があります。

面接に遅刻してしまう

約束の時間に遅刻してしまうのは一番やってはいけないことです。しかし、派遣の面接は緊張することが多いため、つい寝坊してしまったために遅刻をしたという方は存在します。皆さんは気をつけましょう。

嘘をついてしまう

面接では自分を大きく見せようとしてしまいがちです。そのため、中には嘘をついてしまう方が存在します。しかし、嘘はすぐに見ぬかれてしまいます。露呈してしまった時点であなたが面接に通る可能性はなくなったと考えていいでしょう。このような方は意外と多いようです。

写真を貼り忘れる

ものすごく初歩的なことなのですが履歴書に写真を貼り忘れてしまう方がいるみたいです。写真がなければ履歴書は不完全なものとなります。うっかりミスですが、これによって印象がかなり悪くなってしまうでしょう。

失敗談だけではなくて成功例も紹介しましょう。

笑顔を欠かさない

業種や職種にもよりますが、接客に関連した派遣の場合は笑顔がとても重要な要素となります。面接の場で相手を惹きつけるような素敵な笑顔を見せることができた方は成功しているようです。

質問をする

面接ではこちらから質問をする機会を与えられます。その時に意欲的にどんどん質問することによって、印象はとても良いものとなります。どうしても働きたいんだという気持ちを伝えることは重要です。

基本的なことを守る

面接では特別なことをする必要はありません。あくまでも基本的なことを守ってさえいれば、成功する可能性はかなり高くなります。遅刻をしないことや身だしなみを整えること、大きな声ではっきりとしゃべることなどを守りましょう。これらを守れていない人が案外多いのです。
相手に良い印象を与えて、こちらの能力やポテンシャルを十分にアピールすることができれば、きっと面接は成功することでしょう。派遣社員として働くためには面接は絶対に突破しなければいけないものとなります。きちんと対策を立ててから臨みましょう。

Return Top