一般派遣と特定派遣の違いと、それぞれの特徴 | 派遣ライブラリー
派遣ライブラリー

一般派遣と特定派遣の違いと、それぞれの特徴

一般派遣と特定派遣はそれぞれ特徴が異なっています。どちらにも良い点はあるため、自分にとって都合の良い働き方を選ぶことが大切です。
編集部

派遣には大きく分けて2種類の形態があります。一つは一般派遣であり、もう一つは特定派遣です。これらの違いを理解しておかないと、契約の時に困ってしまうでしょう。
それでは、一般派遣と特定派遣の違いやそれぞれの特徴について説明します。

一般派遣と特定派遣の違い

これらは派遣会社と契約を結ぶ点では共通しています。しかし、雇用契約の期間が異なります。一般派遣では派遣会社に登録をしてから仕事が決定した時にどれくらいの期間働くのかが決まります。一方、特定派遣ではます派遣会社と雇用契約を結んで、その後に仕事を決定します。
一般派遣ではそれぞれの派遣先での仕事が終わればその段階で派遣元との雇用契約は一旦途切れるのです。一方、特定派遣では契約期間内であれば、たとえ一つの派遣先での仕事が終わったとしても、雇用契約は継続します。そのため、特定派遣の方が安定性が高いといえるでしょう。

特定派遣の特徴

特定派遣の大きな特徴として、仕事のない期間でも派遣会社から給料をもらうことができます。月給制を採用しているところが多く、雇用期間内は給与が保証されているのです。それ以外にも福利厚生が充実していることが多くて、安心して働けます。

一般派遣の特徴

一般派遣がもらえる給与は、実際に仕事をして働いた分のみです。そして、一つの派遣先での雇用が終わればそこで雇用契約が途切れてしまいます。この点はデメリットとなりますが、一時的にお金を稼ぎたいだけなのであれば一般派遣の方がメリットがあるという方もいるでしょう。

一般派遣と特定派遣の特徴を把握する

たとえば、一般派遣の場合は学生や主婦が登録して、アルバイト感覚で仕事をしていることが多いです。短期の派遣業務も多いため、気軽に利用してお小遣いを稼ぐことができます。責任の大きな仕事をすることはなく、とても使い勝手が良いでしょう。
一方、生活をしていくために派遣という仕事を長くやりたい方は特定派遣の方が適しています。給与が保証されていて、安定した暮らしを実現できるでしょう。
一般派遣と特定派遣はそれぞれメリットがあるため、それを上手く利用しましょう。自分が派遣社員としてどのような働き方をしたいのかによって、選ぶべきです。どちらの方が優れているというものではないのです。自分にとって有利な働き方を選ぶことができます。

Return Top