日雇い派遣ってどうなの?アルバイトとの違いを検証 | 派遣ライブラリー
派遣ライブラリー
2014年11月14日

日雇い派遣ってどうなの?アルバイトとの違いを検証

日雇い派遣とアルバイトの違いは、一日に仕事が入るかどうかです。アルバイトの場合は一か月先まで安定していることが多いですが、日雇いはその日のみです。
編集部

近年増加しているのが日雇い派遣です。ただ、近年は法律の改正によって日雇いで働ける方を規制するようになっています。これはある種、「労働者に対する制限」のように思えますが、派遣を続けていても正社員への道は少なく、労働環境の改善にはならないということで、近年は少なくさせる傾向が多くなっています。仕事は1日から数日間というものが多く、日雇い派遣の場合はその日のうちに給与が支払われることが多いです。

日雇い派遣の危険性

日雇い派遣というのは「最終手段」として認識されていることが多いです。安定した職業に就くことが出来なくて、日雇いで食いつないでいる方も多いです。しかし、身体が壊れてしまっては働けなくなりますし、いつ仕事がなくなるのかわかりません。その上で職歴として利用しにくいのが背景となっており、派遣を続けるのが危険と言われています。

日雇い派遣からの脱出

日雇いとして働いている方は、早めに正社員の職業を見つけることがお勧めです。実際に日雇いを卒業することで、安定した給与の職業を見つけることができますし、暮らしも比較的安定します。ただ、これらの問題に関しては難しく、正社員として働きたくても働けないという方にとっては選択が難しいところです。

アルバイトは日雇い派遣とは違って、直接お店や会社に雇用される形で働くことになります。日雇いの場合は一日一日を乗り越えていくという働き方ですが、アルバイトの場合は決まった週に仕事があるので、日雇いよりも安定していると言えます。最近はアルバイトの人口も増えており、今後もより一層増える傾向があります。日本全体が不景気ということもあり、企業は少しでも安く働いてくれる人材を求めているのです。

アルバイトから正社員

日雇いから正社員になる可能性というのはほぼ皆無です。成長のできない職場であり、アルバイトに比べて仕事も単純労働が多いので、正社員を目指すならアルバイトから初めて見るのが良いです。ただ、よく求人広告にある「アルバイトから正社員登用への道あり」という文句には騙されないことが必要です。これはあくまでアルバイトのやる気を上げさせるものであり、正社員になれる確率は低いです。どちらにしても、正社員の道を探す方が合理的です。

アルバイト生活にハマりすぎない

フリーターは一昔前、自由に働いて自由に生活する新しいスタイルとして知られていましたが、今では避けるべき職業として考えられています。だからこそ、現在アルバイト生活を送っている方は抜け出せるように努力することが必要です。

Return Top