派遣に対する世間のイメージ | 派遣ライブラリー
派遣ライブラリー
thum_noimage7

派遣に対する世間のイメージ

派遣に対する世間のイメージは実はあまりよくありません。不安定と言われることが多いようです。ただ、やりたいことに対するスキルアップに最適と言った声もあります。
編集部

派遣社員と聞くと、世間的にはあまり良いイメージを持ってもらえません。当人からしてみれば働いていることは間違いありませんし、給料だってきちんともらっているわけですが、それでも風当りはきついという現実があるのです。
当然人によっては、なんでもいいから仕事をしてお金を稼いでいる人は立派だという方もいるでしょう。それでは、実際に思われている派遣社員のイメージとはどのようなものなのでしょう。

不安定

恐らく一番に思われることではないでしょうか。派遣社員と聞くと、職が不安定と感じてしまうようです。これは、派遣という特性上いつ仕事が無くなるか分からないからです。
どんなに実績を残していたとしても、出向期限が切れてしまえば更新されない可能性もありますし、ちょっとしたミスが起こっても、別の人に変えられてしまうこともあるからです。当然派遣会社の営業さんも引き止めはしてくれるでしょうが、大抵の場合は即交代となってしまいます。

アルバイトより少しだけまし

社員という肩書はあるものの、アルバイトよりも少しだけましと思われることも多いようです。前述の雇用期間のこともありますが、派遣社員は出向先の会社では適当な仕事を任されるケースが多いのです。
そもそも派遣社員に対して会社は大きな責任を追及することはできません。ですから、社員の立場からしても大きな仕事を任せることができないのです。ですから、派遣社員の風当りは全体的によくないと言えるわけです。それにも関わらず、給料や待遇はアルバイトより良いため、更に世間的にイメージが良くない結果を生んでしまっているのです。

派遣社員は決して悪いわけではない

それとは別に、派遣社員と言えば正社員と比べていろいろな企業で経験を積みやすい、気に入った企業があればそこに入るための経験をいろいろ積むことができるということで、大きく評価する人もいるのです。
きちんと働いていることに違いはありませんし、何も派遣社員はダメだというわけではないのです。

こうしたイメージが世間の派遣社員に対するイメージです。あくまでもイメージですし、きちんと明確な目的や目標を持って働いているのならば何も問題はないでしょう。
世間がこう言っているから派遣社員はやめておこうではなく、どうせやるのなら、最終的な目標があって、そのために派遣社員で働く必要があるという心意気で仕事をするといいのかと思います。

Return Top